モンタンのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS モンタンのブログ(らしい相撲で親しまれる様に)

<<   作成日時 : 2014/11/21 11:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像   チョリ〜ッス!日米野球は昨日で全日程を終えた様でお疲れでした。大相撲の話題ですが、昨日も横綱・鶴竜と大関の豪栄道が対戦。立ち合いに横綱が変化をするという注文相撲をやってしまい、取組後に場内から大ブーイング。最近、鶴竜、日馬冨士に立ち合いの変化が見られ、すごく見苦しい相撲になってます。負けたくないのは分かるけど、「横綱」という地位の人は常に下からの挑戦を受けてる訳だから、真正面からドーンと受けてあげないと。向こうもそのつもりで頭を下げてぶつかってくるんだから・・・どんな勝負でもただ勝てばいいと特に外国人は思ってるんじゃないのかなあ。勝ってもその内容だよね、それを相撲ファンはお金を払って見に来てるんだから。せこい勝ちは日本人は清いとしないから、白鵬はその点はよく理解してて横綱の風格がある。残念ながらそれがまだあとの2力士にはないね。もっと相撲の根源や日本人の心などを勉強する必要がありそう。横綱にする側にもそういう物も考慮しないとね。最高位だからあとは引退するしかないんだから、みんなから親しまれる横綱になって欲しい。
男女のゴルフも佳境に入り、今週は女子も4日間大会の長丁場。「ダンロップフェニックス」「大王製紙エリエールオープン」昨日から始まってるが、最後の盛り上がりを期待してる。画像画像画像画像
今週の競馬のGTはマイルCS。文字通りマイル=約1600mのNO1を決める大会ですねえ。
このレースが始まったのが、中央競馬にグレード制導入と共に1984年に新設されて、1994年までは1番人気の
連体率が100%あり、荒れないレースとしてきたが、徐々に荒れだし世の中の風潮と比例してる様だが、2006年辺りから落ち着きだしたと思ったんだが、2009年はブエナビスタというまだ記憶に新しい強い牝馬がいて、圧倒的な1番人気に推されたんだが道中ブエナを意識し過ぎ、一番怖い人気薄の逃げ馬の存在を忘れてまんまとそれを許し、
終わってみれば11番人気が1着12番人気が2着と、人気のブエナはハッと気づき猛然と追い上げたがやっと3着に入るのがやっと。大荒れのレースになった。このレースの最年長の優勝馬は8歳だったカンパニーという馬で、偶然
このレースで3連単をゲット出来、美味しい思いをしたのを思い出す。この記録は未だに破られてませんね。まだ大きな怪我をする前に引退させるスタイルが多い昨今、ひょっとして残るかもねこの記録。尚、このレースの1着賞金は¥1億となる。最後は下写真の参加馬の紹介です。左からさっき決まったばかりの馬番でJクラレント、Cは昨年の覇者サダムパテック、ダノンシャーク、Iロゴタイプとなります。 
  (写真:ヤフー)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
モンタンのブログ(らしい相撲で親しまれる様に) モンタンのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる