モンタンのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS モンタンのブログ(最近頑張ってるなあ)

<<   作成日時 : 2014/11/24 07:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像画像   チョリ〜ッス!日本人より日本人の心を持ってる。やっぱり、この人横綱・白鵬に
相撲の女神はほほ笑んだ。本割で決めた、まるで横綱のあり方を身を持って同僚に教える様に二日間に渡って。
「君が代」斉唱の最中から、感極まり涙が止まらなかった。昔62キロの小象っ子がモンゴルから各界に入り、誰が
横綱である今の地位まできてここまで偉大になってるか、と思ったろうね。人はこうなれるんだな無論努力が必要不可欠だがね。上写真右が昨日までの大相撲冬場所で優勝、あの大鵬と並ぶ史上1位タイの32回目の賜杯を獲得した白鵬だね。普通日本人は、外国人の優勝を心底喜べない”文化?”みたいなものがある。同じ横綱の日馬冨士、
鶴竜とは明らかに違う声援だ。先にもちょっとふれたが、格下の力士に対しても決して逃げる様な事はしないで、
堂々と胸を出し受け止める。こうした清さが日本人にもちゃんと受け入れられる。かつて朝青竜というヒール気味の
横綱がいたが、全然違うね声援や拍手が。日本人が一人も横綱になれず国技であるはずが、外国人力士に席巻されている。淋しいけど一時一人横綱になってる時も、強い責任感を持って頑張って来た。そういう努力を相撲ファンはキチンと見てるね。
写真左は、昨日の男子プロゴルフトーナメントの「ダンロップフェニックス」で、日本人選手としては7人目のチャンピオンになった。その優勝スピーチで「日本人選手は何をやってるんだと、周りのファン達から・・・」と現代の若者らしく
社交辞令なしで、歯に衣着せぬ言葉を言ってくれた。これには他のプロ達もグウの音も出なかったろうね。こうして
昨年はルーキーでぶっちぎりの賞金王になるし、ちゃんと結果を出してるだけに説得力もある。ホントはこういう言葉を中堅プロに言って貰いたかったけど。画像
そうだったなあ、この馬もディープ産駒だった。終わってからでは何でも言えるけどまたも反省だ。
昨日の競馬のGT「マイルチャンピオンシップ」は、内から伸びて来た8番人気のKダノンシャークが制した。尚、重賞未勝利馬がGTを勝つのは「5」で一応はストップした。勝ったダノンシャークはGTは初、これを含め重賞は3勝目で通算7勝になった。オレの予想した本命のグランプリボスは6着に対抗のワールドエースは7着。1番人気の
3歳馬のミッキーアイルは13着、連覇を狙ったトーセンラーは4着に終わった。
やっぱ、逃げ馬は逃げないと駄目なのかなあ、ミッキーアイルは内枠利した@ホウライアキコにハナ(先頭)を、
譲る格好になった。オレはそんなに心配してなかったんだが、走ってる馬にはリズム的なものが合わなかったよう。
4Fを回って直線にと行った時にはもう・・・でも、今後にはさして影響はないと思うけどどうだろう。これがGTレースの厳しさなんだと教えられたようだね。しかし勝ったダノンと岩田騎手にはやられたな。
さあ、次は超豪華メンバーが揃うジャパンカップ!もう今から心がワクワクしてるな。  
 (写真:ヤフー)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
モンタンのブログ(最近頑張ってるなあ) モンタンのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる