モンタンのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS モンタンのブログ(ホームタウンディシジョン)

<<   作成日時 : 2015/06/30 11:46   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像画像
チョリ〜ッス!「ホームタウンディシジョン」というのを御存知?よくボクシングなどで聞くねえ。ホントは存在しては
いけないものだと思うけど。地元に有利な判定をすること。無論選手達には非はない。試合を裁定する審判によく
見受けられるんです。話題になったのはWBC野球ですね。これは知ってる方多いでしょう。舞台はユナイテッド・ステイツ・アメリカ。野球の発祥地と言われてるとこですね。デービットソンという審判が、まず日本戦の時に西岡(当時ロッテ)の3塁からのタッチアップの際、離塁が早いとアメリカチームから抗議を受けそれを認めてしまったのが始まりで、何度そのタッチアップのビデオが流されたか、誰がどう見ても正式なタッチアップでいわゆる誤審というもの。
今度は線審を任されたデービットソンが、アメリカとメキシコだったかなあ?どうしてもアメリカが勝たないと世界一の夢が消えると言うアメリカにとっては非常に大切な試合だった。それをメキシコの打者の打った打球がどう見てもポールに当たるホームランだったが、それをファウルにしてしまったから大変。怒ったメキシコがなんと勝利し事実上
アメリカの夢は消えた。その年のスポーツニュースはこぞってこの大誤審を取り上げ連日のようにテレビを賑わせてたね。人間が目視で行っている競技は誤審はつきものにもなってる。でも、わざと地元有利に裁定するのはどんなもんか。それを、この度主審が堂々と言葉で「ここは、アメリカだ!」と言った。これを言った相手がアルゼンチンの英雄
メッシだ。(上写真右)メッシに徹底マークして、オレは実際に見てないが結構すれすれのプレーをしてたようだね。
それをメッシが「何故ファウルを取らないんだ?」と言った答えが先程の審判の答え。
元々スポーツ自体がフェアなるものでなければいけないのでは?処によれば審判が脅かされるとこや、お金を前もっていただくとこもあるみたい。暗黙の了解と言えどちょっと酷いねえ。これからはメディアも敏感だから徐々には減ってはいくと思うけど、無くなる事はなさそうだ。
上写真左は、中国・北京で開催される「世界陸上」の出場選手の一部。総勢23名らしい。中々日本人選手と陸上は結びつかないんだが、少しずつ近づきつつはあるようで、健闘を祈りたいね。画像
下写真は骨折が判明した2冠馬のドゥラメンテです。骨片の除去手術が成功したようで、復帰は来年の春ごろじゃないかと言う事だね。
日曜のゴルシの大出遅れで何かと話題の中央競馬ですが、その宝塚記念で総売り上げが190億円あまりで、
そのうち120億円ぐらいがゴルシ絡みの金額らしいね。こんなとんでもない事をしたにも関わらず、ゴルシ人気は変わらずあるみたい。もう、許しちゃうんだね、あの馬だけは。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
モンタンのブログ(ホームタウンディシジョン) モンタンのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる