モンタンのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS モンタンのブログ(今年もまたクラッシックがやってきた)

<<   作成日時 : 2016/04/08 10:44   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

画像画像
チョリ〜ッス!今日は桜花賞の展望を見て行きたいと思います。今年の桜花賞の主役は2歳女王であるメジャーエンブレムだね。デビューしたのは昨年6月ですが、3戦目にまさかのデンコウアンジュが、まんまと展開が大ハマりで
2着になってしまったが、その後は危なげなく勝ち上がり、特に前走のクイーンCでは2着に5馬身をつける圧勝劇を
見せつけしかもテンのスピードの違いか、そのままハナに立っての楽々逃げ切り。一段も二段もギアが違い”ついてこれるもんならついてこい”まさに女王の貫録みたいなレースをしたね。タイムも1600mを1分32秒5という1秒5も
短縮のレースレコードのおまけつき。まあ、桜花賞の女王の座に一番近い事は誰もが認めざるを得ないねえ。画像画像画像
しかし、ライバルと言えるであろう馬が現れた。こちらはデビューから3連勝中のまだ底見せずのシンハライトという
馬だ。父があのディープインパクトで、桜花賞は産駒の得意距離の1600mともってこいの舞台。桜花賞はこのシンハライトの前走であるチューリップ賞とは最も連体の多いレース。その時の勝ちタイムも秀逸で、あの「女傑」ウォッカよりもコンマ9秒も速い時計ですねえ。更にハナ差の接戦を繰り広げたジュエラーという馬も侮れない。重賞勝ちこそないが牡馬相手にも僅差の2着など構想が目立つ。騎手はデムーロで虎視眈々と桜の栄冠を狙っている。
その他にも、トライアルレースを勝ってきた馬達も控えてる。メジャーが強いと言っても競馬は展開が全てで、今回も多頭数で昨年のルージュバックのように、ゴチャ付くポケットに入ってしまいもがかないとも限らない。
もうとにかく、自分の応援する馬を信じて見てる他、オレ達にはどうする事も出来ない。
GTとあって、枠順も発表になったんで馬番付きで、写真の馬滝を紹介します。
上右から、Mカトルラポール、Gアッラサルーテ、下写真左から、Jアドマイヤリード、@キャンディバローズ、
Qメイショウバーズです。明日はここ10年間でのデータを。           (写真:ヤフー)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
モンタンのブログ(今年もまたクラッシックがやってきた) モンタンのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる