モンタンのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS モンタンのブログ(オレが一番大人だった頃6&その他)

<<   作成日時 : 2013/07/28 12:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

画像    チョリ〜ッス!昨日のサッカー女子の東アジア杯、日本ー韓国を見てて場所は敵地アウェイだけど、韓国と言っても最下位のチーム。なでしこが若手主体といっても宮間など経験者も結構いるんで、てっきり大丈夫だと思っていたら、素人のオレから見てもホント下手な選手が多く大きなミスも多過ぎた。監督は何を考えてるのか、なんだかんだ言っても世界一のチーム。おかしな試合は出来ないはずなのに、動きが悪かったりミスが多い選手を代える気配がない。選手を試すと言っても負けたら洒落にならなのに、なでしこの力を過大評価してるのか、
まだ、余裕の表情で前半戦終了。やっと後半攻撃のリズムを掴んだが、時すでに遅しで間に合う筈がない。決定力にも課題を残しV3も逃し宮間の怒りに近いコメントにも出てた。もうW杯覇者というのは過去の話し、監督ももうちょっと危機感を持った方がいいなあ。
今日、新潟競馬のメインレースに「アイビスサマーダッシュ」という直線だけの1000mのレースがある。そこで、予想だけちょこっとさせて貰おうっと。GHJLMの馬連ボックスで、昨日のメインは函館、新潟、小倉と配当は低いが全て流しでGET!ちょっと調子に乗って行ってみよう!


さて、オレの〜も第6まできたんだ。目立たない様に勝ち続け、そんな生活を2年程やってる時に、以前から何かとお世話になって雀荘でも何度か一緒になり、飲みに行ったり食事をしたりと結構親睦が深かった人がいた。これは、
あとから分かった事だが、何でもその人は元その筋の幹部クラスで飲食店などを3店舗ほど経営してると聞いた。
オレが負けてないと言う事を何処からか聞きつけ、雀荘で逢ってもやってるとこを抜けて、わざわざオレの背後で打ち方を見る、というのが3回ぐらい続いたのかなあ。それである日「ほ〜、格好いい強い負けない麻雀だなあ」と言われ、一度違った場で打って見ないか?勿論ケツは持つから。と言われ二つ返事で「ええ、いいですよ」と答えた。
一緒に行った場所はマンションのとある部屋で、中へ入るといかにもっといった感じのとこだった。周りには若い衆であろうか、忙しそうに動いていたと記憶してる。そして、別の部屋へ連れて行かれると既に商店主らしい人が一人と、何処かの飲食店の経営者らしい人がいて、間もなくその部屋の主であろう人がやってきて「じゃあ、始めっかね」
何か怪しい雰囲気の場所で麻雀が始まった。「いつもの通りでな」おそらくレート(賭ける金額)の事だと思い、オレの後ろに座った知り合いに目で確認を取った。ルール、回数などを聞きその勝負?は始まった。〜続く〜
(写真:ヤフー)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
モンタンさん、こんばんは。

相変わらず筋肉の緊張は取れませんか。
うちの主人も足に緊張が走り、がくがく落ち着かなくなります。
左足が最悪で、装具を付けて横棒のリハビリしているのですが、上手く進まないです。
左足なので、右肩に力が入ると左足がガクガクするようです。
緊張した筋を、なるべく伸ばしていくことで、少しガクガクが微妙に減りました。
時間が立つとつま先立ちみたいになってかかとが着かなくなります。
ほんとガジガジです。
ただちゃんと、かかとまで着くようにしていくのがリハビリで、もう2か月くらいですね、ただ少し変化があるようです。
少し筋が伸びてきたみたいで、頑張れば、かかとが着きます。
まだまだカチカチですが。

モンタンさんは、どんな感じで体が硬いのかはわからないですが、何かきっといい方法あると思いますよ。
(^^)/
智子
2013/07/28 22:00
 智子さん、こんいちは。
筋緊張は、この病気にはず〜っと尽いて回るんじゃないかなあ。左足の震えは、6年経った今でも残ってます。
人によって、力の入り具合が違うのかなあ、オレの場合は右肩は関係なく、筋緊張というのは、脳からの指令だと思います。震えを「振線」と言い足先がつま先方向になってるのを「尖足」と言います。振線が出るのは尖足のせいで、普通の人でもつま先から地面につくと、震えがくることがあり、本来は踵からつくとこを、先につま先がついてしまうから震えがくるんです。それを防ぐ為に”装具”で足首やつま先を正常な形にしてるだけなんです。装具をずっとつけてても、その形の様にはなりません。あくまで補強や安全の為につけるもので、2〜3年したら面倒な事がありますが、新たに無料で作り直せます。今はとにかく足首が固くならない様に、毎日正常な状態に伸ばしてあげて下さい。どうしても、震えが止まらない場合は「ボトックス注射」というのがありますが。合う合わないがあるんでお勧めはしませんが。オレは2回うって貰って2回目に違和感を感じたのでやめましたが。
”力を抜く事”これは永遠のテーマかもしれません。
オレは今でも、10個位の後遺症が残ってます。でも、今回はだいぶ自分の身体の限度がわかりつつあって、「百日計画」というのをたてて、痛みや辛さがありますが、妥協せずにやってみようと「四点つえでの自力歩行」を目標に自身などと約束をして、頑張ってやってます。要は気持ちです。御主人には、まだまだ酷な話ですが一つ一つ確実にゆっくりと、焦らずに正面を向いて頑張ってみて下さい。オレの体験談で良ければいくらでも
答えます。一緒に行きましょうよ!
モンタン
2013/07/29 16:30
実はデトックスの話も出ましたが、利き足に力が入らなくなる可能性があるので、もっと体力が付かないと無理だと言われました。

でも百日計画なんて、すごいですね。
なかなかやれるものではないですよ。

うちはサボリ魔で、先生から「リハビリ家でやらなかったら、リハビリしに来ても意味ないよ。来る必要もないね」なんて言われました。
糖尿病もあるので、体を動かすことが仕事だと言われました。

課題は多いですよ。
( 一一)
智子
2013/07/29 18:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
モンタンのブログ(オレが一番大人だった頃6&その他) モンタンのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる